令和2年11月12日(木)本校1年生が、県立西部防災館と四国三郎の郷にでかけて、校外防災学習を実施しました。

県立西部防災館では、(1)南海トラフを震源とする地震に関しての講話、(2)発災後自らの命を守るために一人一人が何をすべきか、(3)避難所生活で大切なことなどを、4人の職員の方から丁寧に教えていただきました。

また、昼前からは、国三郎の郷に移動して、発災直後には役に立つだろう火起こしや飯ごう炊飯等を利用した、食事作りを体験しました。

今年度、初めての校外学習でした。楽しく防災について学ぶことができたし、昼食でのカレーライスと焼き芋が美味しかったです。また、クラスのみんなや先生と昼食後、いろいろなことをして遊ぶことができたのが何よりの思い出となりました。

詳しい防災学習の様子は、次の添付ファイルをクリックしてご覧ください。

1年生防災学習の様子