コロナ禍ではありますが、本年度、市総体(6月18日~)、県総体(7月10日~)が実施される予定です。本校では、6月14日(月)に、密を避け、換気を施した体育館に不織布マスクを着用した生徒・教職員を集め壮行会を実施しました。

 

各部のキャプテンからは、今まで努力してきたことや試合への抱負が力強く語られました。

○各部決意表明の様子

 

選手団を代表して、男子バレーボール部の代表が「コロナ禍でありながら総体に出場できることに感謝、これまで支えてくれた家族に感謝、指導いただいた先生方に感謝。最後の最後まで、勝利をめざして努力します」と、力強く選手宣誓を行いました。

校長先生からは、「戦いには、強い者が勝つ。その強いものとは、辛抱に強い者をいう。辛抱するためには、自分自身との長い戦いに勝つことが必要。自分に勝つためには、先生や家族の言うことをしっかり聞いて、しっかり守れ。」との話がありました。

その後、総合体育大会全体のルールの説明や新型コロナウイルス感染症予防への諸注意が担当の先生からありました。