一学期修了式のを、今回もリモートで行いました。

校長先生の式辞(一部抜粋)

「100点は無理かもしれん。でも、MAXなら出せるやろ。」さらに、「ノーミスのままじゃノーポイント」。結果は恐れなくていい、約束された結果なんて、誰にもないんだから。大切なのは結果よりその過程。いろんなことにチャレンジして失敗してはじめて気づくこと、得られるものがある。だから失敗を恐れちゃいけない。もう一度話します「100点は無理でもMAXなら出せる、ノーミスはノーポイント」、そのことばを自分の日々の実践に繋げてほしいと思います。

1学期は終わりますが2学期に向けて、1年生には、高校生活の目標を今一度しっかりと定め、毎日の授業や部活動に真剣に取り組んでほしい。2年生には、高校卒業後の進路を見据え、今のうちにやっておくべきことを自覚して実践してほしい。3年生には、進路実現のためにやるべきこと、その優先順位を明確に定め全力で取り組んでほしい。期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生の式辞の後、生徒指導担当の先生から、美馬地区新人体育大会へのぞむにあたっての諸注意や週末の家庭生活について、また台風14号接近に関する諸注意がありました。

各種表彰については、校長先生が各クラスをまわって伝達していただきました。

各クラス表彰式の様子です。