新型コロナウイルスに関連して、感染された方、治療にあたっている医療関係者や社会機能の維持にあたる方とその家族、海外から帰国された方、外国人の方に対して、偏見による不当な差別、いじめ等があってはなりません。

本校では、人権学習や保健体育の授業において、感染症を正しく理解し、感染された方、医療従事者や日々いろいろな方と接して私たちのためにお仕事をしてくれる方々への、偏見・差別をなくしていこうとする態度を育てています。

先日、徳島県人権教育研究協議会から、「みんなで、考えてみましょう」という資料をいただきました。保護者・地域の皆さん、この資料をお読みいただき、御家族で偏見や誤った知識を見直す機会をつくっていただきますようお願いいたします。

みんなで考えてみましょう