本校の正面玄関、ロビーの奥に漆黒のお盆の上に、白砂と石で表現されたサウンドアートが飾られています。

もともと日本人は、美しい風土の中で自然を愛し、自然を親しみ、人生と自然を融合させながら生活を楽しみ豊かにしてきました。この日本人の自然観を黒塗りの盆の上に表現し床飾りとして、受けつがれたきたものが盆石です。昔の人は、この黒塗りのお盆の上に、今では世界遺産となった「富士山」や「宮島」などを表現し楽しんだそうです。

本校では、茶道部の生徒たちが講師先生の教えのもと、古き日本の芸術の一端を学んでいます。生徒たちによってよって、作り出されたリアルかつ芸術的な盆石をご覧ください。